胃カメラを飲んできた

スポンサーリンク(本文投稿上)
スポンサーリンク

前回の記事でお知らせした通り、人生2度目の胃カメラを受診してきました。

結果を含めて備忘録代わりに検査の過程を書き連ねます。

スポンサーリンク

前日

以下の約束があります。

  • 21時以降絶食
  • 薬は22時までOK
  • 水は飲んでも良い

会社の健康診断と同じく、前日は21時までに食事を済ませなければいけません。

食事内容もあまり脂っこいものを避けるように言われました。

そもそもそんなものを食べられるような状態ではないので、雑炊を食べて23時半に床に就きました。

当日

緊張からか朝3時に目が覚めました。

何とか二度寝を試みるもなかなか眠れません。

ここでやってはいけないスマホをやってしまいました。これで完全に目が冴えます。

多分5時半ぐらいに二度寝に入りました。

起床から検査までの時間があり過ぎると無駄に緊張したりお腹が空いたりするので、朝8時に起床。

ぬるま湯をコップ1杯飲んで家を出ました。

9時検査開始でしたが、準備等で15分前に来るように言われていました。8時40分に到着。

受付

内視鏡検査室へ案内されます。

待合室のようなスペースで紙の説明資料を読む。

問診

看護師さんから検査の経験、本日の検査内容について説明、問診を受けました。

しかしここで思わぬ手違いが!!

「麻酔ありですよね?」と私が確認すると「え!?そうでしたっけ?」と看護師さんが慌てて電話で確認し始めます。

その間に体温と血圧を測定。鎮静剤が使えないかもと考えると一気に緊張感が高まって血圧がいつもより20ぐらい高くなりました。

看護師さんから「今日のドクターは鎮静剤を使えるとのことです。良かったですね」と告げられホッとする。

どうやらドクターによって鎮静剤の使用を嫌う人もいるようです。

検査準備

まずは胃の中の泡を消す薬を飲みます。

美味しくもないが不味くもないといった感じ。

次に喉の麻酔用の粘性のある液体(麻酔)を口に含まさせられます。

上を向いて液体を喉付近でゴロゴロさせるようにとの指示を受ける。口の中が痺れながらも必死に飲み込まないように液体を喉に持っていきましたがあまりうまくいきませんでした。

看護師さんの指示で数分ぐらいで吐き出す。

この準備は10年前には無かったような気がします。

検査室に移動

左脇腹を下にして寝そべる。

喉にスプレーで麻酔を吹きつけ

ピリッと苦い感じがしました。

手首静脈に点滴

看護師さんの「鎮静剤入れまーす」の掛け声で薬が投入される。

薬が血管を通る時にピリピリと結構な痛みが走る。

検査開始

口を閉じてしまわないようにマウスピースのようなものを咥えさせられる。

ジワジワと力が抜けてウトウトしてくる。しかし、10年前はもっと意識が薄かったと思います。

ドクターが「そろそろ行きます」とカメラを挿し込んできました。

前回より明らかに意識がはっきりしてるぞとビビりましたが、喉を通った瞬間にちょっとだけ「ウッ」と嘔吐反射が起きました。

「ちょっとだけ我慢して~」とのドクターの声が聞こえます。

しかしその後は順調そのもの。意識はかなりハッキリしてましたが、全く苦しくなく5分ぐらいで検査が終了しました。

検査終了

「抜きますよ~」との掛け声でスーッと管が抜けていきました。

「鎮静剤なしでもきっと大丈夫だったね。麻酔が切れたらお呼びします」と言われて看護師さんに付き添われてベッドへ。

ベッドで休憩

15分ぐらい横になっていたところで看護師さんに「そろそろ意識がハッキリしてきましたが?」呼び出されます。

検査結果説明

診察室で胃の写真を見ながらドクターから結果の説明を受けます。

「綺麗でしたよ。食道、胃、十二指腸は問題なしです。ピロリ菌もいません」と告げられました。

それを聞いた瞬間は嬉しかったのですが、「じゃあこの苦しみは何なんだ?」と別の不安がよぎりました。

お会計など

看護師からは「次の診療を予約されますか?」と尋ねられましたが、とりあえずホッとしてあまり先のことを考えたくなかったので「しばらく様子を見ます。薬も残ってますし、また連絡します」と言い残して支払いの手続きに入りました。

気になる診療費は4000円でした。5000円ぐらいをイメージしていたのでちょっと安心しました。こういう時に国民健康保険のありがたみが身にしみます。

ちなみに受付から会計まで約1時間ぐらいでした。

検査後

検査1時間後にコンビニのおでんを食べましたが特に違和感はなかったです。

特にその後も生活に支障はありません。

バリウム検査との比較

35歳の時にバリウム検査をしたのですが、吐き気が無いのなら胃カメラの方が断然楽だと感じました。

バリウム検査の時は、まず空きっ腹に泡立った洗浄薬を飲まされるのですが、戻しそうになりました。

さらに飲んだ後にゲップを抑えなければいけませんし、検査後に下剤も飲む必要があります。

自宅で真っ白になった自分の便を掃除するのが嫌でした(笑)

しんどい割に検査精度もそれほど高くなく、結局所見有りになったら胃カメラを飲まなければいけないのでそれなら最初から胃カメラの方がいいですよね。

技術も進歩していてカメラの管も細くなっているようですし、私は今後はずっと胃カメラを選びます。

鎮静剤は病院(というか担当医師?)によって効き目が違っていました。前回は殆ど意識がなかったのですが、今回は比較的しっかりと意識はありました。

鎮静剤を打ったらその日は車を運転できませんので注意して下さい。

今後

検査結果自体は喜ばしかったのですが、結局原因が不明です。ネットで調べると機能性胃腸症なのかもしれません。

10年前に似たような症状になりましたが自分はどこも悪くないと言い聞かせて良くなっていきました。胃薬を飲みながら治癒を目指していきます。

それにしても久しぶりに苦いコーヒーと美味しいものが食べたいな~。

セミリタイア生活ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ユニット(投稿SNSボタン下)



twitterをフォローする
ブログの購読はFeedlyでもできます
ブログを購読する
follow us in feedly
スポンサーリンク