ヤマト値上げと再配達についての雑感

ヤマト運輸や日本郵政の値上げの話題が世間を賑わせています。

理由としてネット通販の拡大による人手不足が挙げられていますが、特に不在時の再配達がドライバーの負担を増大しているとのこと。

私もネット通販ではAmazonを始めしばしばお世話になっていますが、”ドライバーの負担”という面では自分は良き客かなと思いました。

理由1:自分で取りに行く

まず、私は不在で受け取れなかった場合は、ほぼその日に最寄りの集配所に取りに行きます。これは性格なのですが、ポチったものをできるだけ早く手に取りたいからです。

実は直接取りに行くことはあまり店側に歓迎されていないのかなと思っていましたが、記事を読む限りは再配達の手間が1軒省けて微力ながら負担軽減に貢献できているようで良かったみたいです。

理由2:宅配ボックス

現在住んでいるマンションには2年前に引っ越ししてきたのですが、宅配ボックスが付いていました。これが本当に便利。

今までボックスが満杯で持ち帰りになったことはなく、また何日もボックスの中身を取りに来ない非常識な住民もいないので本当に快適に利用できています。

但し、書留や冷凍品(特に私は青汁を愛飲している)は宅配ボックスを利用できませんので、コレがあれば再配達と無縁という訳ではありません。

理由3:電話

あと、ネット通販を利用する時に大体の購入画面で最後に自由コメント欄があると思います。その時は必ず「配達直前に電話を入れて下さい」と書き込みます。

誰でも受取日時にうっかり忘れて外出てしまった場合や仕事が予定通り終わらなかった時があると思います。そこで電話が掛かってくるとドライバーさんに無駄足を踏まさせる前に日時の変更をお願いできます。こういった気配りも負担軽減の一助になっていると自負しています。

ただ、ヤマトや日本郵政の人は高い確率で電話をしてくれますが、佐川急便はスルーされることが多いですね。100%コメント欄を読んでくれているとは限りません。

まとめ

セミリタイア生活に入ると生活コストをいかに削れるかが重要になります。

通販の有効活用も必須になるので、値上げはできればやめて欲しいですがもはや既定路線になっているのでしょう。

でも、値上げの前に再配達料の徴収や電話確認で何とか再考してもらいたいですね。

今日はちょっと真面目な話でした。

セミリタイア生活ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

シェアする

フォローする

twitterをフォローする
ブログの購読はFeedlyでもできます
ブログを購読する
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    クロネコメンバーズに登録していると配達前日に通知メールが入る。
    そこで受け取りを19-21時か無理なら週末午前中に変更する。
    それだけのことなのになあ。

  2. 僕はそこまで急いで入手するものはないので、2-3日くらい遅れてもほとんど気にしないですね。
    例えば日にちは指定できないし、直接取りに来たら割引とかがあったらモノによっては是非利用したいくらいですね。

    こないだキムさんとオフ会してきましたよ。
    2時間以上話し込んできました。