らふらく^^のタクスズキさんはステマ疑惑にどう対処すべきだったのか考えてみた

主にイケダハヤト氏の周辺をウオッチされているはらですぎさんのブログを愛読しています。

3/27にイケハヤ氏と懇意のプロブロガー・タクスズキさんが自著のステマをしているのではないか?という記事をアップされていました。

ちなみにタクスズキさんはサラリーマン生活に馴染めず退職し、なぜか転職向けサイトのアフィリエイターになって成功を収めている方です。(転職してたっけ・・・?)

私はこれを読んで「あらら、やっちまっなぁ~」と思いました。

それと同時に私の会社もかつて不祥事でYahoo!ニュースを賑わして大騒ぎになったことがあり、1人の会社に勤めるサラリーマンとしてタクスズキ氏がどういうリスクマネジメントを行うのかを興味深く観察していました。

私もタクスズキ氏の気持ちになって、この問題をどう対処することがダメージを最小限に抑えられるのだろうかと考えてみました。

スポンサードリンク


考えた対応策

次の4つの方策を考えてみました。

  1. 一切無視を決め込む
  2. 「それは私のレビューではない」とだけ回答してそれ以降の質問には一切スルー
  3. 秘書がやりました
  4. 素直に認めて謝罪する

1.一切無視を決め込む

ひたすらこの件が鎮火するまでダンマリを決め込みます。

しかしTwitterやFacebook等のSNSには延々と説明責任を果たせ!だのステマ野郎!というリプライが飛んでくるでしょうね。いちいちブロックしていくのも疲れそうですし、その様子を見た人は何かややこしい人なのかなと訝しまれます。

どっちにせよステマをやったという過去は消せないのでファン離れは避けられません。

2.「それは私のレビューではない」とだけ回答してそれ以降の質問には一切スルー

一見、説明は果たしたように見えますが、結局無視と同じことが起きるだけですね。

不誠実のレッテルを貼られてファン離れは避けられません。

3.秘書がやりました

よく政治家が使う手ですね。

これだけ稼がれているブロガーさんです。もしかしたらアシスタントがいるかもしれません。

アシスタントが暴走して自作自演しました!と罪をおっ被せて全面謝罪して丸く収めるというのはアリかもしれません。

ただ、アシスタントに罪をなすりつけたと取られかねず、管理責任も当然問われます。

4.素直に認めて謝罪する

結局これが一番マシですかね。

何もかも素直に謝る。少しでも本を売りたかったと釈明するしかないでしょう。

どっちにせよファンの信頼は損ね、ステマをやってしまった過去は拭い去れませんが、何人かがもう一度彼を信じてみようと思ってくれるかもしれません。

実際の対応

彼はその日はブログやTwitterでは全く反応を示さず、ソっとAmazonのレビューを削除していました。

そして翌朝に突然Twitterで呟き始めます。

感想

これは一昔前の企業の開き直り会見みたいな”下の下”ぐらいの対応で全く予想外でした。不正の所作についての指摘を「批判」と歪曲して回答した訳です。

巷でもよく見かけるのですが、意見への批判と不正に対する指摘を一緒くたにする人がいます。しかしそれは全く別物です。

例えば「女性は結婚をしたら会社を辞めて専業主婦になるべきだ」という意見は批判は浴びるかもしれませんが個人の信念として公に発表することはアリです。しかし「自分の出版した本を自作自演で高評価のレビューを与える」ことはただの不正に過ぎません。

こりゃますます炎上するぞと思いました。

その後

案の定、はらですぎさんからは更に厳しい突っ込みの記事がアップされました。

今回の件から過去をほじくられて裏ブログまで暴露され、更にはてなブックマークでも拡散されてイメージダウンが避けられません。

ところで気になったのがツイートをお気に入りに入れただけで殺意を抱かれるのは人気ブロガーさんでは普通のことなんでしょうかね?私も早くお気に入られることがウザくなるぐらいの人気ブロガーに仲間入りしたいものです。

また、私はこの本自体は読んでおりませんが、過去にKindleの読み放題でタクスズキ氏の本を読んで非常に参考になりました。今後の活躍を期待していただけにこの件は残念で仕方がありません。

今回の炎上をポジティブに知名度アップと捉えられているようですが、実名を晒して腕一本で食べていかれるつもりならば、その引き換えとしてはあまりに「信頼を失う」という無形の代償を負った一件になってしまったのではないでしょうか。

おまけ

ちなみにこのブコメに思わず( ´,_ゝ`)プッと笑ってしまいました。

実は、会社の先輩に私が大好きで尊敬している鈴木さんがいます。これからは鈴木さんとお話をする時にどうしてもこのブコメを思い出して笑いをこらえるのに必死になってしまいそうです。

ええ、嫌いになんてなりませんよ!!

セミリタイア生活ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

シェアする

フォローする

twitterをフォローする
ブログの購読はFeedlyでもできます
ブログを購読する
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. 人生うんち より:

    記事とは関係ありませんが
    私もブログ作成しました。
    よろしければ相互リンクお願いします。
    https://bombombonds.wp-x.jp/22-2/

  2. 人生うんち より:

    カズ様

    相互リンク了承ありがとうございます。
    私もここのブログをリンク集に設定しましたので
    ご確認ください。

    今後ともよろしくお願いします。