新入社員に贈る言葉


早いもので4月も半ばに差し掛かりました。

新入社員の皆さんはもう会社を辞めたくて辞めたくて仕方なくなってきましたか?

確か私は十数年前の今頃に新人研修が終わって採用された部署に本配属されました。寮の入り口に来た瞬間に実家へ逃げようかと真剣に考えていたことを思い出します。

4月になったばかりの頃は新社会人へのメッセージ的なブログが溢れていました。

しかし、敢えてこの時期にヘボサラリーマンから一応このギョーカイの先輩としてアドバイスを贈ります。

私はヘボサラリーマンなので他のブロガーの方々のような立派で実務に役立つような金言は贈れません。次の4点だけ頭の片隅に置いていただければと思います。

1.政治思想の色を出さない


一昔前は会社で「政治」「宗教」「野球」の話はタブーだと言われました。

もはや野球は一部の愛好家のスポーツになりましたので特に気にする必要はありません。とはいえ、同僚がもしかしたらどこかの球団の熱烈なファンかもしれませんので、特定の球団の悪口は言うことは避けましょう。

宗教の話はもちろん禁止。特に特定の宗教の悪口は厳禁です。夜道で後ろから刺されるかもしれませんよ。

さて、本題の政治ですが、政治の話を全くしないことはさすがに難しいと思います。飲み会や同僚と出張に行く時など、どうしても世間話のネタとして政治の話題は出てきます。

政治に興味が無いと言うとアホちゃうかと思われるかもしれませんので、当たり障りのないことを言えば良いと思います。(本当に興味がなければ仕方ないですが)

例えば増税の話のようなサラリーマン誰もが一枚岩になれるような話なら問題ないと思いますが、思想的なものが絡む話は避けましょう。少しでも左右どちらかに偏ったことを言うとあいつは極右だ、極左だのようなレッテルを貼られて拡散される恐れがあります。

また、自分の主張に強い信念を持っている人に厄介な議論を吹っかけられる可能性があります。論破しようがされようがどちらも得することは何もなく、遺恨だけ残ってしまうのでその手の話題になった時は政治の色を出さない方が無難でしょう。

2.プライベートの悩みをむやみに話さない


会社に馴染んでくると同僚にまるで友達に話すかのようにプライベートの悩みを話す人がいます。

もちろん、持病のことや両親の介護のことなどの特記事項は話しておく必要がありますが(但し上司だけでいい)、恋愛関係や金銭関係、身内関係のことは話す必要はありません。

突然会社を休んだり、仕事でミスが増えると変な風に勘ぐられたりするので、気軽に話すのはオススメできません。

3.力の弱い先輩を軽く扱わない


配属されるとすぐに部内の力関係は分かってきます。

私のようなダメな先輩、あまり主張しない大人しい先輩、イジられてる先輩の存在にもすぐに気付くと思います。調子に乗った新人はすぐにそういった先輩を他の人と一緒になって小馬鹿にした態度をとったりしますが、これは危険です。

私のように無害なタイプならいいのですが、クセのある人はちょっと怖いです。

どんな先輩もなんだかんだ長くサラリーマンをやっている訳で、ダメなりに自分のテリトリーを持っています。逆恨みされて大事な情報を隠されたりして足を引っ張られる可能性がありますので、むしろ親切に下から目線で恩を着せるぐらいの気持ちで付き合った方がいいでしょう。

4.親が資産家がであることを話さない(番外)


これはもしあなたが「ええとこのボンボン」だったらの話です。

私の後輩で兵庫県の有名な某高級住宅街出身の人がいるのですが、常にセレブネタでイジられています。

イジられるだけなら良いのですが、仕事がうまくいっていないと「どうせあいつはあくせく働く必要ないもんな」とか「会社に道楽で来てるだけ」とか「あいつ金持ちなんだから残業代いらんだろ」のような陰口を叩かれています。

飲みや食事に行っても「お前は金持ちだから割り勘ね」とか「奢ってね」としょーもないことを言われたりして何も良いことはありません。

実家が資産家の方はそのことを隠しておく方が無難です。人間は妬みの動物なのです。

まとめ

ちょっと堅苦しい話になってしまいましたが、サラリーマンの世界はとてもストレスフルで、その原因は人間関係が大半を占めています。

なので仕事以外のことで人間関係を悪くして足を引っ張られないよう、業務に集中できる環境を作っていきましょうということですわ。

ほな、あと40年近く頑張っておくんなはれ!

セミリタイア生活ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

シェアする

フォローする

twitterをフォローする
ブログの購読はFeedlyでもできます
ブログを購読する
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. 今新人の人は40年どころか50年とかになりつつありますよねえ、かわいそうに。
    でもそこから抜け出したいなら節約投資節約投資、、とアドバイスはできますが、そこまで興味を持つ人間がまず少ないんですよね、だからこちら側は安心できますが。

    金持ち息子はイジられますね、僕の同僚ではないですが、取引先の人でそれっぽい人がいて、先輩社員と一緒に来るたびに、こいつの実家は駅前の土地を全て持ってて仕事なんていつ辞めてもいいんですよ、とイビられまくってて可哀想だなと思いましたよ。

    • カズ より:

      コメントありがとうございます。
      そうですよね、親が資産家なんて言って得することなんか何にもないですよね。
      まあイジる方もどうかと思いますが、人間って妬みの生き物なんですよ。