ヘボサラリーマンこそビジネス書を読め!!

スポンサードリンク

新社会人の皆さん、そろそろサラリーマン生活に慣れてきたでしょうか?

新人にしてこんなブログを見に来てるようでは、もうサラリーマン生活に絶望してセミリタイアしたいと思っているかもしれません。

金融機関に勤めるような高給取りの人を除き、一般的なサラリーマンでしたらセミリタイアまで少なくとも15年ぐらいは働かなければならないでしょう。

そこで早くもセミリタイアを志す若人にアドバイスがあります。

とにかくビジネス書を読んで下さい。読んで読みまくって徹底的に仕事の効率を上げましょう。

スポンサーリンク

仕事嫌いなのにビジネス書?

「仕事が大嫌いなヘボサラリーマンのくせにビジネス書を読めだって!?」と訝(いぶか)しむ読者もいるかもしれません。

プロフィールにも書いていますが、私の趣味の1つにライフハックがあります。この言葉には明確な定義はないようですが、一般的には「効率良く仕事をこなして生産性を上げて人生のクオリティを上げるための工夫」になります。

私は仕事が大嫌いなので、仕事中はいかに頭を使わずにシステマチックに業務をやり過ごすかに命を懸けています。

そのために若い頃から業務効率アップのテクニック的なビジネス書を読み漁っています。先日紹介したPDCA本も、そのテクニックの1つですね。

一方で、起業家系の本は全く手に取りません。ビジネスの成功者の本にも仕事の手法的なことも書かれているとは思います。

しかし、彼らが成功したのはたまたま時代とマッチした部分が大きく、運の要素も多分に占めていました。よって、一般的なサラリーマンが実務に応用することはほぼできません。

それなら徹底的に手法論に的を絞った本を読む方が効率的です。

オススメの手法

取っ掛かりでオススメの手法としてはGTD(Getting Things Done)を挙げます。

ごくごく簡単に説明すると「気になること」を外部のシステムに預けて頭の外へ追い出し、目の前の仕事に注力してクリエイティブなことに集中しましょう、というテクニックです。

GTDは最近ちょっと廃れた感はありますが、まだまだ使える手法だと思います。詳細は書籍やWebサイトを読んでみて下さい。

この手法をメール処理に応用してかなり仕事のヌケが減りました。但し、意図的にやりたくない仕事のメールをスルーして叱られることはありますが・・・。

ただ、まだこの手法もマスターするまでに至っていません。しかし不完全ながらも業務の中で十分に機能しています。

注意点としてはGTDを含め、これらのテクニックが使えるようになったからといって青色ダイオードのような発明ができたり大企業の取締役になれる、といった大仕事を成し遂げる類のものではありません。あくまで補助具に過ぎないことをお忘れなきように。

まとめ

会社ではテクニックを駆使して仕事への労力を最小限に留め、プライベートを目一杯に充実させる!そのためには、毛嫌いする人もいるかもしれませんがビジネス書を手にとってみましょう。

人生を楽しみながら貯蓄に励むも良し、瓢箪から駒で仕事が面白くなってセミリタイアなんて忘れて立身出世を目指すも良し!

ビジネス書で得たテクニックはプライベートにも応用できます。人生の無駄にならないと言い聞かせて少し頑張ってビジネス書を読む習慣をつけてはいかがでしょうか?

セミリタイア生活ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

twitterをフォローする
ブログの購読はFeedlyでもできます
ブログを購読する
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. ボンズ より:

    カズさんっていつ本読んでますか?
    電車通勤中ですか?

    • カズ より:

      ファミレスで晩飯を食べる時にドリンクバーをくっつけてダラダラと何時間も過ごしながら読んでます。

  2. ボンズ より:

    何それブルジョワ〜(*^o^*)