新しい線路や道路ができると嬉しい

いや~、1ヶ月前まで暖房をつけていたのにもう冷房なしではやっていけない毎日ですね。

寒暖の差がキツい年齢になったものです。

スポンサードリンク


なにわ筋線

昼休みにスマホでYahooニュースを読んでたらこんなニュースが飛び込んできました。(Yahooニュースの記事は既に削除されていたため別サイトで代用)

極めてドメスティックなネタですが、新しい鉄道路線ができるニュースに久しぶりに興奮しました。といっても開通は2031年。もっとはよせえや!とは思いますが。

私は新しい高速道路や鉄道ができるというニュースを見ると嬉しくなります。

特に、たとえ利用する機会が滅多になくとも、それが自分の身近での話になると尚更ハッピー。

東京一極集中のせいで、こういったニュースは最近は関東圏ばかりです。

関西圏は元々私鉄各社の縄張り意識が強く、各鉄道会社が一枚岩になって大阪のインフラを良くしようといった雰囲気をなかなか醸成できません。それが関西の経済が地盤沈下している理由の1つです。

また、新しい幹線道路を作るのもゴネまくるややこしい人たちが多く、土地の接収も遅々として進みません。

しかし、近年の大阪を始めとする関西の凋落ぶりからようやく一致団結した動きが始まりつつあります。

私は今でこそ関西から離れていますが、5年後の2022年には会社を辞めて故郷の大阪へ帰ります。

どれだけヘイトを浴びせられる土地柄でも・・・

とかく他県から忌み嫌われ評判の悪い大阪ですが、それでも元々住んでいた人間からすればそんなに住みにくいとは思わないんですよね。

大阪が嫌われるところとしては以下のことがよく挙げられます。

  • ウインカーを出さずに車線変更する輩が多い
  • 右折待ちで後ろが詰まっても一切道を譲らない輩が多い
  • 電車のホームで降りる人を待たずに乗り込む輩ばかり
  • 生活保護受給者率が日本一
  • ひったくりが多い

まだキリがないぐらいetcがありますが、やっぱり故郷である大阪が好きです。

ちなみに進撃の巨人のこのシーン、読む度に心が揺さぶられます。

進撃の巨人 第10巻より

短いようで長い5年ですが、確かに今まで苦労してきたことに比べれば後少しです。

ライナーやベルトルトが果たせなかった「(会社に潰されずに元気で)生きて故郷に帰ること」を必ず実現してやります!!

セミリタイア生活ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

シェアする

フォローする

twitterをフォローする
ブログの購読はFeedlyでもできます
ブログを購読する
follow us in feedly
スポンサーリンク