私が結婚しない理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

wedding-322034_1280

また急に寒くなってきました。いよいよ冬が近くなってくる思うとますます気持ちが暗くなってきます。

さて、今まではあまり結婚や恋愛の話題には触れてきませんでしたが、今日はそのことについて語ります。

主題の通り、私は結婚するつもりはありません。

この考えはセミリタイアを決意する前から考えていたことですので、セミリタイアするつもりだから結婚しないという訳ではありません。

私が結婚しない理由は大きく2つあります。

スポンサーリンク

前提

まず私にとって結婚すること=子供を持つことです。

もしも一緒に暮らしたいぐらい好きな女性ができたら事実婚のような形でいいと思っています。もっとも、十数年間の一人暮らしの居心地の良さにすっかり慣れてしまい、その可能性は低いですが。

もちろん自分が女性にモテないというのも理由の一つですが、今回はそこも除外します。

以上のことを前提に話を進めます。

理由1:仕事

1番目の理由はなんといっても私の仕事能力の問題です。

ヘボサラリーマンなので、常にリストラの対象であるリスクを背負っており、とても家族なんて養えないと思っているからです。

理由2:将来の日本社会

2番目の理由が実は最も重い理由なのですが、この正吉さんのブログ記事にそのまま書かれています。

(一部引用)

長男「ブラック企業とか過労死とか、若者1人が老人2人の面倒みなきゃいけなくなるとか、暗いニュースばっかり聞くし、学校の先生だって『がんばらないとダメになる』って言うし・・」

長男「学校の先生は、『ロボット化やAIが進めば、君たちの仕事はどんどん無くなる、だからもっと勉強してレベルの高い大学に入って、人間でなければ出来ない職種で就職しなきゃ将来が無い』って言ってた。」

うーん、今の高校生は学校でこんなことを言われるのか・・・と何とも複雑な気持ちになりました。

この正吉さんのご長男が学校で言われた通り、私の予想では日本はこれからますます悪い方向に行くと思っているからです。

ここ十何年の日本での流れとして、政治家と経済界とが結託して資本家が金儲けし易い政策を次々に採って格差を広げる方向に向かっています。さらに人口減少で「右翼」とまで言われている自民党ですら外国移民を入れるようで、治安の悪化は避けられません。ここにAIも加わって自分の子供がそのような環境で競争しなければいけなくなるでしょう。

格差が広がると中間層がなくなっていき階層が固定する方向に向かうと考えています。その時に私は資本家の側にいる、または行けるような能力のある人間ではないので、自分の子供を下層の激しい生存競争に放り込まなければならないと思うと不憫でなりません。

以上の2つの理由で私は結婚はしません。

まとめ

では、もしも2番目の日本の将来予想が外れた場合に私は後悔するのか?

いえ、それは違います。

日本が再び輝きを取り戻して大きな発展を遂げたならば、それはそれで心から良かったと思えます。ああ、自分の予想は外れたけど日本が良い国になってくれて良かった、と。

だから私は予想が当たろうが外れようが、リタイアしたことに納得してひとりで生涯を終える予定です。

セミリタイア生活ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連ユニット
twitterをフォローする
ブログの購読はFeedlyでもできます
ブログを購読する
follow us in feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. 正吉 より:

    こんばんわ。
    正吉でございます。
    記事のリンク&引用いただき、ありがとうございます。(^^)

    そうなんですよね~。僕なんか高校生の時なんて、未来のことをそんなに悲観してなかったし、そもそもそんなに考えてなかったです。
    そういう意味では、可哀想ですね。
    でも、未来は明るいんだよ、ということを子供には伝えていきたいと思っています。
    これからブログに書いていくつもりなので、読んでみてくださいね~。(^^)

    • カズ より:

      コメントありがとうございます。
      私が高校生の時はバブル崩壊直後で楽観的ではありませんでしたが、ここまで悲観的ではなかったですね。
      年を取れば取るほど悲観的になるというのか・・・。
      こんなこと書きましたが、日本に明るい未来が来てくれることを心底願っていますよ。

  2. どちらも逆のことを考えています。
    家族を養うのは男性のみではなく女性も養う能力があると思うので自分が働けなくなったときに助かると思いますよ。私は2023年にリタイア予定ですが妻がそこから働いてくれる予定なのです。^^

    日本は増税、格差拡大があるでしょうが社会的にはもっと過ごしやすいものになっていると思います。今が過ごしにくい社会かというと数十年前に比べれば確実に過ごしやすいですからね。

    結婚は自分のことも考えないといけないけど相手がどれだけ協力してくれるかによると思うなあ。

    • カズ より:

      実はクロスバールさんのブログを読みながらこの記事を書いてたんですよ(笑)
      そういう考えもありますね。
      まあ、こんなオッサン相手にしてくれる女性はいませんわ(苦笑)

  3. 人生うんち より:

    日本はアメリカの真似をしたいのでしょうかね。
    アメリカみたいな高所得者優遇で、逆累進課税のせいで中間層がいなくなり、最底辺と富裕層に二分化されるような世界を目指しているのか。
    合ってるかな?

    私も1人の気楽さを知ってしまったので、もう結婚する気は起きません。
    それに相手と子供を幸せにできる自信ないですしね。

    • カズ より:

      概ね合ってると思います。
      欧米の真似をしたいんでしょう。
      1周半遅れで彼らの二の舞いを追おうとする我が国は何を考えてるんでしょうかね。
      結局、今回のトランプ当選とイギリスのEU脱退もグローバリズムへのアンチテーゼでしょ。
      日本人は手遅れになる前にどこで気付けられるかでしょうね。

      何にしても1人は本当に気楽ですね。

  4. クロフネ より:

    理由1に賛同します。
    仕事に疲れていて、
    とてもそんな気がおきません。
    あと、たぶんHSP(ハイリーセンシティブパーソン)
    なので、いつも周りに気を使って倦怠感が抜けず、
    人生自体にも疲れてまして、異性と交流する気
    にもなりません(異性は特に気を使います)。

    日本がもっと寛容な社会だったら良かった
    なと思います。
    残念です・・・・

    • カズ より:

      クロフネさん
      初めまして。コメントありがとうございます。
      HSPなんて言葉を初めて耳にしました。
      テストしてみると自分はめちゃくちゃ当てはまってました。
      お互い早くサラリーマンを卒業しましょう。

  5. カズさん、こんにちは
    12/17(土)にオフ会をするのですが参加しませんか?
    ブログをみてお話ししたくなりました。人数は4~6人ぐらいだと思います。
    場所は近鉄奈良駅付近の予定です。
    参加してもらえるのなら、私のメール、もしくはブログに11/27(日)までにお返事してもらえると助かります。
    それでは、よろしくお願い致します。

  6. プライア より:

    始めまして、プライアと申します。今度のオフ会でお会いできそうとのことで、一足先に偵察にやって参りました。

    結婚観は人それぞれ、ご謙遜もおありでしょうが、単に考えるのが面倒くさいって理由もアリだと思いますよ。私はあまり深く考えずに結婚して、そして時々面倒くさいですw

    • カズ より:

      プライアさん、初めまして。
      ブログはよく読んでますよ。当日は宜しくお願いします。

      そうですね、結婚って年を取れば取るほど考え過ぎて身動きが取れなくなるという人も結構多いんじゃないですかね。
      うちの両親なんて20代前半の時に無職で結婚してますから。
      今思えばよくあの時に結婚したもんだと言ってます。